0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

小刀 渓流小刀「臼の平①」2寸8分スタグ・両刃(ナイフアーティスト&研ぎ師コラボ)

小刀 渓流小刀「臼の平①」2寸8分スタグ・両刃(ナイフアーティスト&研ぎ師コラボ作品) 初代本成寺修司作 Small Knife  「Usunodaira」with stag・Double Bevel(collaboration with the knife artist & sharpener)Honjyouji1st


ベリーレア!長切れの修司と異名を持つ初代本成寺の
ブレードのみの仕掛品が倉庫から見つかった。
有名アーティストと研師とのコラボで、優美な小刀が鮮やかに蘇る!

初代本成寺修司 Honjyouji1st
しょうとう けいりゅうしょうとう「うすのだいら①」
小刀 渓流小刀「臼の平①」2寸8分・両刃・スタグ
Small Knife Keiryuu shotou「Usunodaira①」with Stag(The collaboration with knife artist and sharpener)
商品番号M0186-5

【スペック/SPEC】
〈鍛冶師/Blacksmith〉初代本成寺修司 Honjyoji 1st
〈全長/Full Length〉198㎜
〈刃長/Blade Length〉85㎜
〈刃厚/Thickness〉3㎜
〈本体重量/weight〉118g
〈地金/Cladded Steel〉極軟鋼 soft steel
〈鋼種/Steel〉青紙2号 blue#2
〈柄/Handle〉スタグ stag
〈鞘/Sheath〉牛革ケースLeather case
〈研ぎ/sharpening〉京都天然砥石や刀剣用内曇り砥石を使用した上研ぎ仕上げ。Kyoto natural stone and Uchigumori use high level sharpening.



<解 説>

平氏にあらざれば人にあらず”と栄華を極めた平家一門。東国で群起した源氏に大敗し西走。文治元年、壇浦(だんのうら)で滅亡した。落人(おちうど)となった平家武者達は、厳しい追討を逃れ、人里離れた山奥に隠れ住んだ。こうした平家谷(へいけだに)の一つに“臼の平(うすのだいら)”がある。平忠房(たいらのただふさ)が一族郎党と共に落ちのびた地である。
その落人の里を流れる湯西川。毎年、この川で遊ぶ渓流の会が、臼の平にまつわる落人マタギに想いを馳せ、図面を起したのが本品、《臼の平小刀(うすのだいらしょうとう)2寸8分》だ。
刀身は、柄尻(つかじり)後部まで一体のフルタング方式。刃元から折れたり抜けたりすることが無い、安心感が心強い。そこには、絶妙のハンドリングと、手の延長と機能する抜群の操作性が考慮され、高価な鮫皮には籐を巻き贅を尽す。アユを掌(てのひら)で包み、肛門から下アゴにかけて、裂き上げてみたが、その切れ味はまるでバターを切るように滑らか。まさに、今回特別に京都天然砥石や刀剣用内曇砥を駆使しただけのことはある。