0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

剣鉈 五家荘ダマスカス乱紋丹ボルビット9寸・両刃(ナイフアーティスト&研ぎ師コラボ作品)

剣鉈 五家荘ダマスカス乱紋丹ボルビット9寸・両刃(ナイフアーティスト&研ぎ師コラボ作品)秋友義彦作 Hunting Knife Gokanosou Damascus with borubbit・Double Bevel(Collaboration with the knife artist &sharpener) Yoshihiko Akitomo


五家荘に眠る幻の山刀が土佐の名工・秋友義彦と
日本を代表するナイフアーチストのコラボとして鮮やかに蘇る。
特上研ぎ仕上げと高級ボルビット加工に驚嘆!

秋友義彦 Yoshihiko Akitomo
けんなた ごかのそう ダマスカス みだれもんたんボルビット9寸・両刃
剣鉈 五家荘ダマスカス乱紋丹ボルビット9寸・両刃
Hunting Knife Gokanosou Damasus Midaremomtan with Borubitto 270mm・Double Bevel
商品番号M0186-3

【スペック/SPEC】
〈鍛冶師/Blacksmith〉秋友義彦 Yoshihiko Akitomo
〈全長/Full Length〉412㎜
〈刃長/Blade Length〉275㎜
〈刃厚/Thickness〉5㎜
〈本体重量/weight〉534g
〈地金/Cladded Steel〉ダマスカス積層鋼 Damascus Steel
〈鋼種/Steel〉白紙2号 white#2
〈柄/Handle〉鉄刀木・ボルビット加工
〈鞘/Sheath〉牛革ケースLeather case
〈研ぎ/sharpening〉京都天然砥石や刀剣用内曇り砥石を使用した上研ぎ仕上げ。Kyoto natural stone and Uchigumori use high level sharpening.


秋友義彦(あきともよしひこ)
昭和19年生まれ。土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き甲伏の秘伝を修得。


<解 説>

九州の秘境をかけずり回り、やっと出会った幻の山刀“山差”。
それは、平家谷と呼ばれる五家荘の古老の記憶の中にあった・その記憶を頼りに図面を起こし、それを元に製作したのは、土佐の鍛造の達人、三代目・秋友義彦だ。
秋友義彦と云えば、清冽な甲伏作品に代表されるが、本品は黒打ちの普及品。廉価であるが、その切れ味を剛性は秋友ならではの凄みを持ち合わせている。
刀身は、極軟鋼に白紙2号を割り込んだ本割込鍛造。京都天然砥石や刀剣用内曇砥を駆使し、凄まじい程の切れ味と破壊力を秘めている。さらに、鉄刀木の柄と真鍮ヒルトには、高級カスタムナイフにしか採用しないと云う、高度な柄のボルビット加工が施されている。まさに、大振りの高級大業物として君臨する≪ボルビット五家荘ダマスカス乱紋丹9寸≫。剛性を秘めたその刀姿の底からは、目の肥えた男だけが見分けることのできる本物の香りと風格が匂い立つ。
※ボルビット加工=リューターで木や金属を立体的にデザインし、自由に彫り上げる。