0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

無鑑査刀匠 廣木弘邦・刀匠 佐久間和昭 合作り玉鋼牛刀尺寸(295㎜)

無鑑査刀匠 廣木弘邦・刀匠 佐久間和昭 合作り 玉鋼牛刀尺寸(295㎜)
Swordsmith(Mukansa) Hirokuni Hiroki & Swordsmith Kazuaoki Sakuma collabo Tamahagane Gyuto295㎜

限定品 すぐにお届けできます

1,200,000円 税抜

商品コード: 3106

数量

無鑑査刀匠の打った玉鋼の包丁!
無鑑査刀匠 廣木弘邦・刀匠 佐久間和昭の合作り
たまはがね ぎゅうとう しゃくすん
玉鋼 牛刀 尺寸・両刃
Tamahagane Gyuto 295㎜
商品番号3106

【スペック/SPEC】
〈刀匠/Swordsmith〉廣木弘邦(無鑑査刀匠)・佐久間和昭
〈全長/Full Length〉450㎜
〈刃長/Blade Length〉295㎜
〈刃厚/Thickness〉3.5㎜
〈本体重量/weight〉256g
〈刀身/blade〉玉鋼 Tamahagane
〈姿/shape〉牛刀平造り Hiratuskuri
〈地肌/Texture〉正目ががり板目 Masame-gagari-itame
〈帽子/Boushi〉突き上げ返る Tsukiage-kaeru
〈刃紋/Hamon〉互の目乱れ Gunome-midare
〈柄/Handle〉紅木 Red trees
〈口金/bolster〉銀にリューター彫り Silver with reward caeving
〈鞘/Sheath〉メープル Maple


準備中 廣木弘邦(ひろきひろくに)
1948年生まれ。幼少の頃より厳父,刀匠広木国廣に手ほどきをうける。
1965年、人間国宝,刀匠 隅谷正峯に入門。
1968年、文化庁認定刀匠となる。
1973年、独立。

【経歴】

1979年、紺綬褒章受章。1985年、伊勢神宮式年遷宮御神宝製作拝命。1994年、鎌倉八幡宮にて奉納鍛錬。2005年・2006年、伊勢神宮御神宝製作拝命。

【受賞歴】

1968年、新作名刀展において初出品初入選。1986年、寒山賞。1987年、毎日新聞社賞。1988年、日本刀剣保存協会賞。1991年、文化庁長官賞。1992年、日本刀剣保存協会賞。1993年、寒山賞。1996年、全日本刀匠会理事長賞。1996年、無鑑査に認定される。時期、人間国宝と衆目を集めた。2013年、逝去。65歳。


<解 説>

作柄は、自ら下地研ぎにこだわり、刃肉取りの美しい均整のとれた作品が多い。
そして、鎌倉期備前伝、新藤五国光、吉光の写しに定評あり、特に青江写しは圧巻。
新作名刀展に於いて文化丁長官賞をはじめとする数々の特賞を連続受賞。
無鑑査となり、次期人間国宝と衆目を集めていた。