0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

日本剃刀 1丁掛 岩崎重義(刀匠)Shigeyoshi Iwasaki

日本剃刀 1丁掛・岩崎重義作(刀匠)
Swordsmith・Shigeyoshi Iwasaki Kamisori Icyougake (Small)

すぐにお届けできます

27,000円 税抜

商品コード: M0187-19

数量

世界一の切れ味を誇る、岩崎の日本剃刀が復活した
刀匠・岩崎 重義 Shigeyoshi Iwasaki
とうしょう いわさきしげよし にほんかみそり いっちょうがけ
刀匠・岩崎重義作 日本剃刀 一丁掛
Swordsmith・Shigeyoshi Iwasaki Kamisori Icyougake
商品番号M0187-19 
[スペック/ SPEC]
〈刀匠/Swordsmith〉岩崎 重義 Shigeyoshi Iwasaki
〈全長/Full Length〉163mm
〈刃長/Blade Length〉50mm
〈刃厚/Thickness〉4.5mm
〈本体重量/Weight〉43g
〈地金/Cladded Steel〉極柔鋼 Soft Iron
〈鋼種/Steel〉岩崎秘蔵スウェーデン鋼 Iwasaki Swedish Steel
〈柄/Handle〉芝柄 Plane
〈鞘/Sheath〉桐箱入り Kiri Box


岩崎 重義 Shigeyoshi Iwasaki
(いわさきしげよし)
昭和8年生まれ。刀匠にして、越後流鍛冶の大御所。専門知識にも厚く、正倉院の御物調査を担当。又、政府の要請で海外での鍛冶技術を指導育成にあたる。


< 解 説 >

“剃刀のような切れ味”と喩えられる日本剃刀。近所のオヤジが「西洋剃刀(レザー)も切れるが、“肌へのアタリ”となると、日本剃刀にはかなわない」と云う。そういえば、小生のオヤジも日本剃刀を和砥石で研ぎながら、気持ちよさそうに髭をアタッていた。
今回は待望の刀匠・岩崎重義の日本剃刀。何故待望かと云うと、これが凄い。手元に資料が置いてあるのでご紹介。
鍛造作家のバイブル書にもなっているが、岩崎航介著、「刃物の見方」の中に岩崎日本剃刀の切れ味報告というのがある、「一研ぎで386人使った新潟県村上市の日出谷誠一氏。426人使った静岡県浜松市の小池忠男氏。抜群の人で、1032人の富山県福岡町の小畑健一氏(富山高等理容学校講師)などがあるが、大部分の人はこの数字を信用してくれない。そうした人には、本人に直接問い合わせて下さいと答えることにしている」とある。
1回研いだ後は、馬の尻っぺたで作られた、コードバンと云う革砥に、シャッシャッとこするだけ。凄いではないか。この、世界一の切れ味は、子息、刀匠・岩崎重義にも受継がれた。そして現在、重義翁の体調が思わしくない今、重義翁の兄弟子にあたる名工 水落良一師が岩崎製作所、岩崎日本剃刀として受け持っている。過日、鍛冶場をお訪ねしたがその腕は確か。親指と人差し指で空間に保持した髪の毛が何の抵抗もなくスパスパと切れるさまに驚嘆した。まさに、世界一と切れ味を誇る岩崎の日本剃刀がそこにあった。