0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

小刀「大白川小刀」6寸・樫柄黒籐巻鞘 秋友義彦作 Small Knife

小刀「大白川小刀」6寸・樫柄黒籐巻鞘 秋友義彦作 Small Knife 「Ooshirakawa-Syoutou」180㎜・with colored Oak handle Yoshihiko Akitomo


大白川マタギに伝わる木鞘拵狩猟刀!
樫柄、黒籐巻拵をまとい甦る!

秋友義彦 Yoshihiko Akitomo
しょうとう「おおしらかわしょうとう」6寸・かしづかくろとうまきさや
小刀「大白川小刀」6寸・樫柄黒籐巻鞘
Small Knife「Ooshirakawa Shotou」180mm
with colored oak handle
商品番号M0187-2

【スペック/SPEC】
〈鍛冶師/Blacksmith〉秋友義彦 Yoshihiko Akitomo
〈全長/Full Length〉308㎜
〈刃長/Blade Length〉180㎜
〈刃厚/Thickness〉5.8㎜
〈本体重量/weight〉227g
〈地金/Cladded Steel〉極軟鋼Soft seel
〈鋼種/Steel〉白紙2号white#2
〈柄/Handle〉樫に着色 colored Oak
〈鞘/Sheath〉朴にオイルステイン、黒籐巻鞘
〈研ぎ/Sharpening〉京都天然砥石や刀剣用内曇り砥石を使用した上研ぎ仕上げ。(Kyouto natural stone and Uchigumori use High level sharpening)


秋友義彦(あきともよしひこ)
昭和19年生まれ。土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き甲伏の秘伝を修得。


<解 説>

数百年にわたり、独特の狩猟文化を築きあげてきたマタギ。現在でも下北の畑、津軽、秋田の阿仁と東北地方を中心に点在し、その古風な狩猟形態は、伝統文化として伝承され生き続けている。そういったマタギ集落の中で、意外と知られていないのが、新潟県は北魚沼群の大白川だ。大白川は魚沼兵陵の中程に位置し、すぐ背後には険阻な山並を連ねる越後山脈を控えている。深山幽谷の地として昔から熊や羚が豊富に生息し、大白川周辺広域にわたりいくつもの倉(猟場)を有していた。それにいち早く目を付けたのが秋田の旅マタギだ。
「北越雪譜」によれば、「雪の降り止む早春になると、出庭方面の猟師(阿仁の旅マタギ)が5-7人仲間を組み、3-4頭の猛犬を連れ、米、塩、鍋を携え、山越えをして越後の山まで熊狩にやってきたという。頭の先から足の先まで獣の皮で作った防寒具を着込み、手槍、山鉈、鉄砲で穴に籠った熊を捕る…。」そんな背景を裏付ける聞き取りを得たので一部をご紹介。大白川の現役古老マタギ、浅井保丸さん(80歳)、浅井義介さん(74歳)によれば、いずれも、代々、マタギの家系であり、尋常小学校卒業と同時に父に連れられ山に入ったという。「山に行くのが好きで好きでたまんねがった。一日に十里やそこら、やまんなか走り回っても平気なんさぁー。オレ達、山に育てられたんだょう。」と目を輝かす。熊狩りについては、「熊さ追っかけているときは、頭ん中真っ白になるさぁ。熊のことしか考えてねッ。熊は、熊になんねば捕れねッ。熊とおんなじ 気持ちになれば、熊がどっちさ逃げたか、分かるようになるんさぁー。」と屈託なく笑う。そして、自分たちの先祖は秋田の阿仁から来た旅マタギであり、狩の流儀作法は猿丸流だと秘伝の巻物を広げる。では、狩猟刀の拝見を所望すると、なんと、三人とも同じような木鞘拵の小刀を見せ、この地では冬は熊やかもしか、兎、山鳥を狩り、夏は川で岩魚やウグイを追う。ケボカイ(獣の解体)や、魚のサバキ、手元作業にこの上なく重宝。その上、携帯にも安全と、誇らしげに目を細める。この使いやすさを極めた木鞘拵の小刀、様々、マタギ集落を取材してきたが、大白川のように皆が皆、同じような木鞘拵の小刀を所持している所は珍しい。所説を残すが、阿仁”旅マタギ”の狩猟伝承文化が、地元の狩人に伝わり、融合。さらにより使いやすい性能を求め、大白川独自の狩猟文化として花開いたと考察した。
この大白川に伝わる剛毅朴訥なる木鞘小刀は、宗正企画により洋風にアレンジ。《秋友義彦作 「大白川小刀」6寸・樫柄黒籐巻鞘》と名付けられ土佐鍛冶の鬼才、秋友良彦の手により打ち上げられた。刀身は安来鋼白紙二号を、極柔鋼に本割込した剛毅な造り。繊細な中にも力強さを感じさせる本作は、数百年にわたり磨き上げ鍛えられた、「比類なき万能小刀」と呼ぶに相応しい。