0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

飯塚重房作 炭素鋼「籠手切丸」黒染 4寸・平造り 両刃 Shigefusa Kot

飯塚重房作 炭素鋼「籠手切丸」黒染 4寸・平造り 両刃 Shigefusa Kotekirimaru Black Finish 120㎜・Hira-zukuri Double Bevel


名工・飯塚重房が挑む、妖刀「籠手切正宗」の絶対の切れ味

飯塚重房(いいづかしげふさ)
炭素鋼「籠手切丸」黒染 4寸・平造り 両刃
たんそこう「こてきりまる」




 
一流カスタムナイフメーカーの高級牛皮シースに納る《龍手切丸》。
[スペック/SPEC] 全長(Full Length)約205mm/刃長(Blade Length) 約118mm/刃厚(Tickness) 約3.5mm/90g/刀身(Blade) =重房秘蔵炭素鋼(Iwasaki's Vintage Steel)(両刃)/地金(Jigane)=重房秘蔵地金本割込鍛え/姿(Shape)=平造り磨き/鹿角玉及び銀玉付皮紐飾り/鞘(Sheath)=高級牛ヌメ皮シース (Full Handsewn Leather Sheath)/研 (Togi)=刀剣研ぎに準じた超仕上げ (Splendid Finish)/国産品(Made In Japan)

<ご注意>
こちらの商品につきましてはご注文後、半金(税抜き価格の半額)を頂戴致します。半金のお支払い方法は銀行振込のみとなっております。残りの代金につきましては、クレジットカード、銀行振込、代金引換でのお支払いが可能です。


飯塚重房 【Shigefusa Iiduka】

昭和14年生まれ。
刀匠・岩崎重義に師事のちに刀匠・長嶋宗則師の門を叩く。真の切れ味について不断のこだわりが重房の今日をあらしめた。


< 解 説 >

飯塚重房。昭和17年、刃物の町三条に生まれ、高校卒業と同時に刀匠・岩崎重義に師事。後に刀匠・長島宗則(ながしまむねのり)の知遇(ちぐう)を得、数々の秘伝を伝授。刀匠・長島宗則翁は、刀匠・岩崎重義の師匠にあたり、昭和の名工として知る人は麟角(りんかく)のごとし。刃物の天才である。

二人の名匠のもとで鍛えられた飯塚重房。その腕は確か、30代ですでに包丁の大家として世評が高く、61歳の現在、右に出るもの無く大輪の花。その円熟の技は、今回の《炭素鋼「籠手切丸」(たんそこう「こてきりまる」)》として証明された。

本品は、鎧(よろい)の一部である堅固な“籠手(こて)”をも一刀両断する、妖刀「籠手切正宗(こてきりまさむね)」に因み名付けられた懐刀(ふところがたな)である。刀身は、重房秘蔵の高純度炭素鋼を、これまた秘蔵の蔵金(くらがね)(江戸期古材)を、秘伝本位割込鍛造(ほんわりこみたんぞう)した豪傑な造り。

研ぎ仕上げは、丹念に“セン”(鉄を削る手道具)が掛けられ、さらに、京都○カ正本山砥石(まるかしょうほんやまといし)及び、刀剣用内雲砥石(とうけんよううちぐもりどいし)など数種類の天然砥石を駆使。刀匠・長島宗則翁直伝の“刀剣研ぎ”が施されている。

その名刀を彷彿とさせる刀姿美は、雄渾にして流麗。二枚具を想わせるハマグリ刃は、フラットに近く研ぎ上げられ。カミソリのような鋭い切り込みが与えられた逸品となっている。日本一の切れ味を誇る《炭素鋼「籠手切丸」》は、真に切れる刃物を求め、不断の精進と天性の資質に恵まれた飯塚重房ならではの秀美の逸品。

※お届けまでに2年ほどかかります。ご了承下さいませ。
※紐飾りは仕様変更することがございます。