0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

剣鉈 若鯱(レッドオルカ)8寸5分・両刃 秋友義彦作 Hunting Knife

剣鉈 若鯱(レッドオルカ)8寸5分・両刃  秋友義彦作 Hunting Knife Waka-syachi (Red Orca) 255mm・Double Bevel Yoshihiko Akitomo


レッドオルカ 秋友義彦の注目の最新作は、
      海原を跳ねし獰猛なる若シャチ!


秋友義彦(あきともよしひこ)
若鯱(レッドオルカ)8寸5分・両刃
Waka-Syachi (Red Orca) 255mm・Double Bevel

わかしゃち(レッドオルカ)

若鯱(レッドオルカ)8寸5分・両刃

商品番号 M2103-101
[スペック] 全長(Full Length)410mm/刃長(Blade Length)255mm/刃厚(Thickness)6mm/重量(Weight)480g/刀身(Blade)=日立安来鋼白紙2号に極軟鋼を本割込鍛造(white#2)/柄(handle)=共柄にパラシュートコード巻き/(Parachute cord winding) 鞘(sheeth)=朴にオイルステイン染め(Magnolia)、ステン巻き/吊り下げ皮ベルト装着/国産品 (Made in Japan)
※納期はお問い合わせください。
   
パラコード巻きの“若鯱”は、吊り下げ用牛皮ベルトが良く似合う。


特別誂えの吊り下げ用牛皮ベルトは、腰バンドに心地良くフィット。


秋友義彦 秋友義彦 【Yasuhiko Akitomo】

昭和19年生まれ。
土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き"鍛法甲伏"の技を土佐に持ち帰る。研鑽の日々を送り、平成10年見事、甲伏の成作に成功。その後、乱紋丹など新しい高難度の技を世に送り出す鍛造の鬼才。


< 解 説 >

土佐の赤シャチ(レッドオルカ)としてその名を馳せる、名工・秋友義彦。土佐自由鍛造の奥儀を継承した後も、作刀の鍛法を取り入れ、土佐鍛造界に新風を送り続けている。その経歴は、中学を卒業と同時に、二代目・義光に師事。昭和39年、師、義光の持つ全ての技をマスターし、三代目を襲名。独立と同時に、四国の刀鍛冶を訪ね歩き、鍛法甲伏(たんぽうこうふせ)の技を目で盗み、土佐に持ち帰り独学の日日を送る。

研鑚のかいあって、平成10年、見事、甲伏の試作に成功。 秋友と云えば、甲伏(こうふせ)の作品や、乱紋丹(みだれもんたん)に代表されるが、本作は、パラシュートコード巻きの特別誂え普及品。廉価だが、その切れ味と剛性は、前者に勝るとも劣らず、秋友ならではの豪胆な作品に仕上っている。

刀身は、玉鋼に一番近いとされる白紙2号を極軟鋼に割り込んだ本割込鍛造。試しに、荒研ぎの段階で裏山の孟宗竹に一振りしてみたが、見事に一刀両断。その恐ろしい程の切れ味に驚嘆した。刀身の肉取りは、鎬造り(しのぎづくり)と平造り(ひらづくり)を融合。使い手を選ぶほどのフラットに近い微妙なハマグリに研ぎ上げられている。孟宗竹を両断する時は、ためらわず、袈裟(けさ)に思いきりスパッと振り切ることが肝要。

刀身と一体構造の共柄には、USA製のパラシュートコードが丹念に巻かれ、滑り止めと抜群のフィット感さらには、手の延長と機能する操作性に瞠目。

秋友義彦作・《若鯱(レッドオルカ)8寸5分》。その刀姿は妖妍にして清冽。刃紋のくっきりとした面構えが、海の王者、シャチの獰猛にして、大胆な海原(わたのはら)を跳ねる様を表現。その強烈な個性は見る者を魅了し、男の胸を熱くする。
※納期は、お問い合わせください。