0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

剣鉈 甲伏黒錆付「椎葉山差」8寸5分・両刃 秋友義彦作 Hunting Knife

剣鉈 甲伏黒錆付「椎葉山差」8寸5分・両刃 秋友義彦作 Hunting Knife Kurosabi Koubuse siiba-yamazasi 255㎜・double Bevel Yoshihiko Akitomo


古技法黒錆付(くろさびつけ)の刀身は、男の魂揺さ振る鍛法、
甲伏(こうぶせ)の技!


秋友義彦(あきともよしひこ) 作(Yoshihiko Akitomo)
剣鉈 甲伏黒錆付「椎葉山差」8寸5分・両刃
けんなた こうぶせくろさびつけ「しいばやまざし」


特筆すべきは、柄巻きの拵え。まず、セピア色に染めた細麻糸を丹念に巻き、さらに、その上に、アンダーベージュ色に染めた細麻糸を、気の遠くなるような手作業で、"刀剣巻き"を施し、特殊樹脂でコーティングされている。

 
高級感溢れる漆塗りの朴の木鞘には、牛皮ベルトを装備。さらに、焼付処理を施した樫の柄には、細麻糸の2重刀剣巻きと贅を尽す。
※木鞘の形状は異なる場合がございます。ご了承下さいませ。
[スペック/SPEC] 全長(Full Length)約460mm/刃長(Blade Length) 約255mm/刃厚(Tickness) 約5.5mm/430g/刀身(Blade) =日立安来鋼白紙2号(White #2)に極軟鋼(Soft Iron)の甲伏造り/柄(Handle)=樫に細麻糸二重(ふたえ)巻き、特殊樹脂塗布/鞘(Sheath)=朴に漆塗り仕上げ/ベロ付牛皮吊り下げベルト付/口金(Bolster)=メタル/国産品(Made In Japan)

<お願い>
こちらの商品につきましてはご注文後、半金(税抜き価格の半額)を頂戴致します。半金のお支払い方法は銀行振込のみとなっております。残りの代金につきましては、クレジットカード、銀行振込、代金引換でのお支払いが可能です。


秋友義彦(レッドオルカ) 【Yoshihiko Akitomo】

昭和19年生まれ。
土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き甲伏の秘伝を修得。


< 解 説 >

土佐を代表する鍛冶三代目、秋友義彦(あきともよしひこ)。昭和39年、独立と同時に四国の刀匠を訪ね歩く。狩猟刀に“甲伏(こうぶせ)”の技を導入するためだ。目で盗んだその技は土佐に持ち帰り独学の日々を送る。

平成10年、めでたく1本の甲伏狩猟刀を完成。“甲伏”とは、心金(しんがね)を皮金(かわがね)で包み込み、「折れず、曲らず、良く切れる」と云う刃物の理想を極限にまで求めた日本作刀法の一つ。

本品は、玉鋼に一番近いとされる日立安来鋼白紙2号(White #2)を皮金に、極軟鋼を心金に使用した“甲伏”。今回、その刀身には錆付(さびつけ)の古技法による酸化被膜が施され、光に翳(かざ)して見える刃紋がいかにも妖艶。そこには、本物だけが持つ、気品と風格が匂い立つようだ。

※納期は、お問い合わせください。