0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

刀匠・竹花一貫斎繁久作 玉鋼 冠落し 鵜の首造り6寸 Swordsmith

刀匠・竹花一貫斎繁久作 玉鋼 冠落し 鵜の首造り6寸 Swordsmith Shigehisa Takehana Tamahagane Kanmuriotoshi Unokubi-zukuri 180㎜


地鉄こそ日本刀の神髄、姿に遊び、
焼刃に没入する竹花の世界

刀匠・竹花 一貫斎繁久 Swordsmith Sigehisa Takehanaikkansai Shigehisa
とうしょう・たけはないっかんさいしげひさ たまはがね かんむりおとし うのくびづくり
刀匠・竹花一貫斎繁久作 玉鋼 冠落し鵜の首造り6寸
Swordsmith Shigehisa Takehana Tamahagane Unokubi-zukuri180mm

[スペック/ SPEC]
〈刀匠・Swordsmith〉竹花 一貫斎繁久 Takehanaikkansai Shigehisa
〈全長/Full Length〉300mm
〈刃長/Blade Length〉180mm
〈刃厚/Thickness〉6.3mm
〈本体重量/Weight〉290g
〈鋼種/Steel〉玉鋼 Tamahagane
〈柄/Handle〉鉄刀木に真ちゅう加工 Ironwood
〈地肌/Texture〉柾目 Masame
〈口金/Bolster〉バッドキャップ
〈鞘/Sheath〉カスタムナイフメーカーによる手縫い皮シース
Full HandSewn Leather Sheath

刀匠・竹花 一貫斎繁久 Swordsmith Sigehisa Takehanaikkansai Shigehisa
(たけはないっかんさいしげひさ)
昭和24年生まれ。昭和45年、刀匠・酒井一貫斎繁政に師事。昭和52年、文化庁認定の刀匠となる。昭和53年独立。昭和58年埼玉県に鍛練所開設。新作名刀展において、努力賞優秀賞を受賞。現在、全日本刀匠会理事。全日本刀匠会関東支部副部長。


<解 説>

刀匠・竹花一貫斎繁久(たけはないっかんさいしげひさ)。
昭和46年、名工の誉れ高い、笠間一貫斎繁継の流れを汲む、名匠・酒井一貫斎繁政に師事。竹花22歳である。先手(さきて)を勤め、向こう槌を振るい、刀身彫刻を学び修業の日々を送る。「槌の柄を血糊で濡らすことも度度あったが、苦に思ったことはない」と云う。 昭和52年、文化庁認定刀匠となり、師より、一貫斎の栄誉「繁」を授かり、繁久を名乗る。同年、新作名刀展に初出品、初入選。翌年には努力賞を受賞している。その後、第18回新作名刀展において、南北朝の名工、備前長船長儀(びぜんおさふねちょうぎ)に肉薄する“相備前伝”を長尺の太刀で出品、優秀賞を受賞。小板目(こいため)良く詰み、豪荘な沸本位丁字刃(にえほんちょうじば)は、長儀の名刀再現なりやと衆目を集める。そして、遂に平成19年新作刀展覧会の特賞である、勲山(くんざん)賞を受賞。さらに、同年、“ギネス”に挑戦する、“居合千本斬り”のための刀を打ち上げ見事、成功に導いている。「地鉄(じがね)こそ日本刀の神髄」と云う竹花一貫斎。そこには、世界に冠たる日本刀の素材である、“玉鋼”にその意味を求め、江戸初期の慶長新刀に思いを馳せる。
本品の刀身形状は、刀匠・竹花の小品にしては珍しい冠落し。切先に向けて棟を削ぎ落とした刀姿美は、男の胸を熱くさせる。竹花の小品作りは、日本刀を構成する三大要素、姿、地鉄、焼刃に遊び没入する幅広い感性を磨く研鑽の時であり、玉鋼の日本刀を世に広めるための、廉価版デモンストレーションでもある。
刀身は、玉鋼。姿は鵜の首拵(うのくびこしらえ)。地肌は柾目(柾目)。刃紋は互(ぐ)の目乱(めみだ)れ。バランスの良い幽玄な短柄は、厳選された紅木を採用し、リューターで笑窪のような窪みを隙間なく彫り上げたと云う難儀な技。そのことにより、抜群の握り心地と操作性を与えられている。さらに、ブラスのヒルトとバットキャップには、入念に槌目を表現され、一段と高雅な雰囲気を醸す。刀匠・竹花一貫斎繁久作、《玉鋼 鵜の首拵狩猟刀》。
その刀姿の底からは、威厳と風格が匂い立つ。


※高級カスタム皮シースはオプションにて承ります。(20,000円)
※仕様が画像とは異なる場合がございます。
※本商品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承下さいませ。