0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

ヘンリーフランク作 フォールディングビッグダガー(1970年代)

ヘンリーフランク作 フォールディングビッグダガー(1970年代)
Henry Frank Folding Big Dagger(1970s)


H・H・ヘンリーフランクの矜持が漲る珠玉の最高傑作!
1970年代


ヘンリーフランク作 フォールディングビッグダガー
Henry Frank Folding Big Dagger
1970s

[スペック/ SPEC]
〈全長/Full Length〉280mm
〈刃長/Blade Length〉120mm
〈刃厚/Thickness〉5.7mm
〈鋼種/Steel〉炭素鋼 Carbon Steel
〈柄/Handle〉アイボリー Ivory
〈鞘/Sheath〉専用木製ケース Wooden case


<解 説>

ヘンリー・フランクとは、1985年頃、ソルバングナイフショーで出会った。
その作風は、精緻にして剛健、清冽にして温りを感じさせ、全体から受ける刀姿のバランス良さにまるで雷にでも打たれたような衝撃を憶えたものだ。
その頃のヘンリー・フランクはナイフ作りを始めて20年ほどが経っていたと思う。
彼がナイフを始めた頃の簡素なパンフレットを見せてくれたのだが、スタンダードのスタグハンドルフォルダーが$250、ペンナイフが$450だったので、1985年の当時、それらは、およそ10倍に跳ね上がっていた。USAのナイフコレクターの中には、ヘンリー・フランクだけを蒐集する専門のコレクターが何人かいると聞いたが、それも一方で頷ける。
私が認める最高のお気に入りナイフメーカーは、ヘンリーフランクと、R・W・ラブレス。
この双璧の共通点は、手の温もりを感じさせる”何か”がそこにある。
まさに、一人のアーティストの中に、一流のカスタムナイフメーカー、一流のエングレバー、そして一流のデザイナーが集結した、超一流の集合体なのだ。画家に例えるなら、まさにピカソのような存在であろうか。
本作、フォールディング、ビッグダガーは、一番サイズの大きいヘンリーダガーの王様だ。
ブレードは、ヘンリーがその切れ味で唯一認めた炭素鋼。そこには彼独特の自らの手による精緻な彫刻が施されている。まさに、ブレード彫刻だ。せっかく彫刻を完成させても、焼入れ後、ブレードが曲がればオシャカとなる難儀な作業だ。
ブレード彫刻は奥が深く、エングレバーと呼ばれる専門のアーティストが存在するぐらいだ。
代表格として、有名なロン・スキャグスや、マイケル・コリンズがいるが、ヘンリーフランクの彫りは、何か、それらを凌駕する、特別の”何か”良質の味わいのようなものを感じさせる。
彫刻のモチーフは、オークリーフ、どんぐり、唐草模様。ロックレバー、スプリングは鍛造の14金。
ライナー、カシメピン、ネームプレート、どんぐりの一部もすべて14金が使用されている。
ハンドルは、厳選し、長時間寝かせた極上のアイボリー。そのハンドル後部には14金のつまようじ、反対のサイドには、14金のピンセットを装備。ヘンリーフランクの最高峰、朱玉の逸品だ。
投資だけならおすすめしないが、お気に入りのナイフを愛(め)で、そのうち気がついたら値上がりしていたぐらいが丁度良い。