0 合計 0円

現在カート内に
商品はございません。

和式鍛造ナイフ専門店 宗正刃物ナイフ包丁特選

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら
海外向け英語サイトをOPENしました。

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here. We opened english version website, please check it out.

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

納期は商品詳細をご確認ください。海外発送はこちら

Please ask delivery date. English website here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

土居良明作 椎葉山差「闇龍」7寸・両刃 Yoshiaki Doi Siiba-yamazasi

土居良明作 椎葉山差「闇龍」7寸・両刃 Yoshiaki Doi Siiba-yamazasi
「Yamiryu」210㎜ Double Bevel

お買い上げありがとうございました

34,000円 税抜

商品コード: M1812-101

椎葉山差「闇龍」7寸・両刃

日本最後の秘境椎葉村に眠る“幻の山差”が良明の手で甦る!

土居良明(どいよしあき)
椎葉山差「闇龍」7寸・両刃
しいばやまざし「やみりゅう」


商品番号 M1812-101
 
[スペック/SPEC] 全長(Full Length)約365mm/刃長(Blade Length) 約210mm/刃厚(Tickness) 約5.5mm/400g/刀身(Blade) =日立安来鋼青紙2号(Blue #2)(両刃)/柄(Handle)=樫にオイルスティン染め(Oak)/鞘(Sheath)=朴にオイルスティン染め皮ベルト付(Magnolia)/龍彫り(Doragon Engraving)=一龍斉(金属彫刻師)(Itiryusai)/国産品(Made In Japan)
 
孫の代までと願い、丹念に防腐処理した木鞘に納まる。


手に馴染み、しっくりとくる抜群の重量バランスは、手の延長と機能する軽快な操作性を約束する。《椎葉山差「闇龍」7寸》の雄姿。


金属彫刻師“一龍斉”による見事な龍彫。(画像をクリックすると大きい画像でご覧頂けます)


土居良明 【Yoshiaki Doi】

1938年生まれ。
名匠長運斎行光に師事。後に各地の名工を渡り歩き、土佐自由鍛造の秘伝奥義を継承、加えて独自の鍛造技術を確立、土佐の名門鍛冶。


< 解 説 >

平家ロマンの里、九州は椎葉村(しいばそん)。古くは那須の山と称され、椎葉の民を那須の者と呼び、那須姓が多い。

椎葉芸能民族博物館所蔵の「椎葉由来記」によれば、平家落人の追討使である、源氏の武将、那須与一(なすのよいち)の舎弟、那須大八郎宗久(なすのだいはちろうむねひさ)が、椎葉山の山中奥深く分け入り、そこに暮す、平清盛(たいらのきよもり)の末裔(まつえい)である鶴富姫(つるとみひめ)に一目惚れ、恋仲になった。民謡「ひえつき節」にあるようなロマン伝説を遺す椎葉村。

今回は、そんな椎葉村に伝わる“幻の山差(やまざし)”を、村の古老の協力の元、聞き取り調査をすることができた。刀身形状は、日本刀の脇差に似て、切先の反り上った先反(さきぞ)り。そのスケッチを元に復刻したのは、土佐自由鍛造の奥儀を継承する、名工・土居良明(どいよしあき)だ。

それをさらに、金属彫刻一筋55年の名手“一龍斉”が、闇に浮ぶ幽遠な金玉登龍(きんぎょくのぼりりゅう)を丹念に彫り上げた。刀身は、日立安来鋼青紙(ひたちやすきはがねあおがみ)2号を極軟鋼(Soft Iron)に割込鍛造。鮮やかな切れ味と粘りが与えられている。その刀姿は雄渾にして清冽。手にした者を魅了してやまない。

※お届けまでに8~10ヶ月ほどかかります。