カートをみる マイページへログイン お支払い・発送方法 お問い合せ サイトマップ

<商品の納期に関しまして>
納期につきましては、即納できるものと数ケ月かかるものもございます。
詳細は、各ページに記載しておりますので、ご確認の上、ご注文よろしくお願い致します。

用語解説(た〜ら行)

用語解説
あ〜さ行 | た〜ら行

た行
ダガー・ナイフ短剣(ダガー)型のナイフの総称。
鋭いポイント と、左右対称のダブル・エッジになっている。
ダブルヒルトキリオン(フィンガー・ガード)が上下についているヒルトのタイプ。楕円形のガードとは区別される。
ダマスカス刀インドのウーツ鋼を素材にしてシリアのダマスカスで鍛えられた刀剣を指した。 ブレードの表面に美しい模様が浮き出しており、 ヨーロッパで珍重された。
2種類の金属を重ね合わせて作っており、鍛造の過程で何度も積層されることにより、独特の縞模様が出される。
また、2種類の金属の長所が組み合わされ、優れた特質を持った鋼材に仕上がる。
たたら製鉄法その昔、大陸より伝来した古式製鉄法。
良質の砂鉄と炭を交互に、燃え盛るたたら炉に投入し、足踏みふいご(たたら)で空気を送りこみ、炉内の溶けた砂鉄を還元し、日本刀の素材である「玉鋼」を製造する製鉄法。
玉鋼炭素鋼の一種。日本古来のたたら製鉄法により製鉄された世界一純度の高い鋼。
炭素鋼ナイフ鋼材の一種。最も硬度の高いナイフ鋼で、切れ味としては最高だが、炭素含有量が多いため、硬度は高いが、もろくなっている。切れ味がよく、刃持ちがよい(刃こぼれしない)という長所に対して、錆が出やすくなっているのが短所である。
ドロップ・ポイントスパインが下へカーブしていてポイントが下がっているスタイル。
ナイフの神様、ラブレスによって考案されたブレードのデザイン。
≫このページのトップへ

な行
ネイル・マークフォールディング・ナイフのブレードに刻まれた溝。オープンするときに、爪をかける部分として使用。
≫このページのトップへ

は行
ヒルト指を保護するため、ハンドルの前部の下側につけられたガード。上下にあるときは、ダブル・ヒルトとなる。 ブレードとハンドルの間に取り付けられている「つば」。
フィンガー・グリップハンドルの指の当たる部分につけられた窪み。握ったときに安定しやすいように考えられた指溝。
フォージングナイフ製造法の一つ。鋼材を火で熱しハンマーで叩いて鍛えて作る方法。
製造には熟練した技術を要するが、折れにくく切れ味のよいナイフができる。鍛造法と同じ意味。
フルタングハンドルの形状と同じデザインのタングのこと。ラブレスナイフに代表される構造。
ブレード・タングフォールディング・ナイフのブレードでハンドル近くの部分。シース・ナイフでは、ハンドルにのびた金属部分。
ボウイ・ナイフアメリカン・ナイフの代表的なスタイル。西部開拓時代の英雄、ジェームス・ボウイの名前にちなんで名づけられたナイフである。
本割込地鉄に鋼を割り込ませて鍛造する方法。
≫このページのトップへ

ま行
マイカルタ布や紙を積層にして、樹脂を染込ませ加圧成型したハンドル材。
 ・アイボリー・マイカルタ:積層した紙を加圧成型して製作したもの。
 ・ウッド・マイカルタ : 薄い板を何層にも重ねて作った合板。
 ・キャンバス・マイカルタ : 麻布を何層にも重ねたもの。
 ・ストーン・マイカルタ : 貴石や樹脂の粉末、小片を樹脂加工したもの。
 ・リネン・マイカルタ : 木綿布を何層にも重ねたもの。
≫このページのトップへ

ら行
両刃ブレードの両側に刃がついているもの。欧米のナイフのほとんどがこの種類。
≫このページのトップへ
あ〜さ行 | た〜ら行