カートをみる マイページへログイン お支払い・発送方法 お問い合せ サイトマップ

<商品の納期に関しまして>
納期につきましては、即納できるものと数ケ月かかるものもございます。
詳細は、各ページに記載しておりますので、ご確認の上、ご注文よろしくお願い致します。

刀匠・吉原義人作 冠落 小柄小刀(白鞘拵)・片刃   即納できます。

冠落 小柄小刀(白鞘拵)・片刃


刀匠界の巨星、刀匠・吉原義人が打ち上げた幽遠な小柄小刀

刀匠・吉原義人(よしわらよしんど)
冠落 小柄小刀(白鞘拵・片刃
かんむりおとし こづかこがたな(しらさやごしらえ)


商品番号  M1607-201
価格 380,000円(税込410,400円・送料無料)
[スペック]
全長約250mm/刃長約155mm/刃厚約3mm/鞘入寸法約275mm/抜身重量約35g/鞘入重量約53g/刀身=玉鋼ムク冠落し(片刃)/地肌=小板目良く詰む/刃紋=互の目乱れ、金筋かかる/はばき=赤銅/茎=生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下る/刀袋/桐箱入/刀剣用お手入道具セット/国産品
※限定1本。即納できます。(通常は10〜12ヶ月ほどかかります。)
※本商品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承下さいませ。

<ご注意>
こちらの商品につきましてはご注文後、半金(税抜き価格の半額:190,000円)を頂戴致します。半金のお支払い方法は銀行振込のみとなっております。残りの代金につきましては、クレジットカード、銀行振込、代金引換でのお支払いが可能です。


刀匠・吉原義人(よしわらよしんど)
昭和19年生まれ。昭和40年、文化庁認定刀匠となる。昭和47年より新作名刀展に於て、高松宮賞をはじめ連続上位の特賞を総嘗。昭和57年、無鑑査。平成16年、東京都無形文化財保持者に認定。日本刀剣保存協会新作名刀展審査委員。



(上)極上の朴の白鞘は、一流鞘師が担当。刀匠自らの手による見事なまでの“鞘書”が誇らしい。
(下)茎には、小鍛冶義人作のタガネ彫銘が誇らしく踊る。

< 解 説 >

 平成16年2月、東京都無形文化財保持者に認定された刀匠・吉原義人(よしわらよしんど)―。筆者はこのニュースに少し首を傾げた。都の無形文化財を飛び越えて、いきなり国の無形文化財保持者となるは必定(ひつじょう)と見ていた故。

 今回は稀少の逸品≪冠落 小柄小刀(かんむりおとし こづかこがたな)≫。冠落(かんむりおと)しは、鎬地(しのぎじ)の先(冠)の側肉を落し、短刀に限って呼ぶ名称であり、大和伝系の鍛冶に多いと聞く―。

 小柄小刀(こづかこがたな)は、小柄の先に挿し込んだことから、そう呼ばれるようになったが、他に刀の揃い物としての“副小刀(そえこがたな)”とも呼ばれている。身の回りの手元道具としての小刀とは別に、独立した一つの“作品”として古今の名匠達が、この小さな幽玄の世界に挑戦してきた。

 代表的な名作として、新刀の第一人者である長曽根虎徹(ながそねこてつ)、新々刀を代表する大慶直胤(たいけいなおにね)、四谷正宗と称された名工、源清麿(みなもとのきよまろ)の小刀がある。

 小刀とは云え、造りは刀と同じ。赤めてもすぐ冷めやすく、かえって難儀である。鍛え上げる真剣さの中に、遊び心が加わった小刀は、それだけに面白い作品が多い。昔から、名工たる証として、“名工は小品が上手”とされている。

 では、本作品は何にと云うことになるが、「歴代の名匠達が打った小刀に比べても、刀匠・吉原義人の小刀は頭抜けて上手」、と一流の研師達が口を揃える。小さいながらも、その刀姿は雄渾にして清妙。弧高の境地に没入した刀匠・吉原義人の円熟の技が光る。

 刀身は玉鋼、冠落し造り、片刃。地肌は小板目よく詰む。刃紋は互の目乱れ金筋かかる。はばきは銅に金を含む赤銅(しゃくどう)古美仕上げ。鞘は極上の朴を使用し、今回も特に刀匠自らの手により見事な鞘書きが施されている≪冠落 小柄小刀≫―。まさに、刀匠・吉原義人ならではの雅味と風格が匂い立つ。


※お届けまでに10〜12ヶ月ほどかかります。ご了承下さいませ。
※本作品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承下さいませ。


刀匠・吉原義人作 冠落 小柄小刀(白鞘拵)・片刃   即納できます。

価格:

380,000円 (税込 410,400円)

購入数: 振り
返品期限・条件 商品の返品・ご注文のキャンセル等についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ